えぞえ消化器内視鏡クリニック 
〒604-8082 京都市中京区弁慶石町39三条TCビル3階 
075-744-6784

大腸の病気と症状

大腸の病気と症状

大腸は、それまでの消化管で吸収しきれなかった栄養分、水分を吸収してくれます。
大きく、盲腸、結腸、直腸に分類されます。栄養分、水分を吸収し終われば、内容物を便として肛門まで運びます。
大腸の病気の多くが、大腸内視鏡検査で発見でき、正確に診断することができます。当院では、大腸ポリープの日帰り切除も行っております。

大腸炎

大腸炎大腸で起こる炎症をまとめて、大腸炎と呼びます。腹痛、吐き気・嘔吐、下痢血便、発熱などの症状を伴います。
大腸炎の中でも、ウイルスや細菌、寄生虫などに感染して炎症を起こしたものを「感染性腸炎」、腸内の血流の悪化などにより粘膜に炎症を起こしたものを「虚血性腸炎」と呼びます。また、炎症が潰瘍に進展することもあります。
国の定める指定難病「クローン病」「潰瘍性大腸炎」も、炎症性腸疾患と呼ばれますが広い意味では大腸炎に分類されます。いずれも完治は難しいものの、薬で炎症をコントロールすれば通常の日常生活を送ることが可能です。

潰瘍性大腸炎

  • 潰瘍性大腸炎
  • 潰瘍性大腸炎

血便、ネバネバした便、下痢、腹痛などの症状を伴う炎症性腸疾患です。はっきりとした原因はいまだ分かっていませんが、免疫機能に異常が生じたために起こるのではないかと言われています。大腸の粘膜に炎症、ただれ、潰瘍が生じます。
進行すると、発熱、頻脈といった全身症状も現れます。
治療は抗炎症剤の内服治療を基本とし、ステロイド、免疫調整剤、生物学的製剤などの使用も検討します。
炎症・潰瘍を長期にわたって放置していると、大腸がんの原因となることもあります。

虚血性腸炎

虚血性腸炎虚血性腸炎は、動脈硬化や便秘などによって腸管にかかる内圧が高まり、血管が詰まることで大腸に炎症・潰瘍が生じる病気です。
左下腹部の急な痛み、またその後の血便が特徴的な症状として挙げられます。糖尿病、膠原病などをお持ちのご高齢の方によく見られるとされています。
血液検査超音波検査大腸内視鏡検査などで診断します。基本的に、安静の上での点滴治療で回復を待ちますが、症状によっては入院が必要になる場合もあります。

大腸ポリープ

  • 大腸ポリープ
  • 大腸ポリープ02

大腸の粘膜に生じる、いぼ状の隆起です。良性のものと悪性のものがありますが、良性の大腸ポリープ(腺腫)は大きくなってがん化する可能性を有しています。ですので、胃ポリープとは異なり、大腸内視鏡検査で見つけた場合はその場で摘除してしまう方が無難とも言えます。
大腸ポリープは、ほとんどの場合症状がありません。ある程度の大きさになると、便潜血検査で陽性を示すこともあります。便潜血検査で陰性であった場合も、がん化のリスクを有する小さい大腸ポリープ(腺腫)がないとも限りません。40代以降の方は、症状や便潜血の有無にかかわらず、定期的に大腸カメラ検査を受けることをおすすめします。

大腸がん

  • 大腸がん
  • 大腸がん02

初期には症状がないことがほとんどです。ある程度進行すると、血便便秘、下痢、腹痛、膨満感などの症状が現れ始めます。
動物性たんぱく質や脂肪の摂取過多、食物繊維不足、運動不足、肥満、飲酒や喫煙習慣などを原因として起こります。
大腸がんは、40歳以降に発症のリスクが高まります。大腸ポリープの段階で切除しておくことで直接的に予防することもできますので、症状や便潜血の有無にかかわらず、定期的に大腸内視鏡検査を受けることをおすすめします。

過敏性腸症候群

下痢や便秘に加えて、腹痛や腹部膨満感など様々な症状を伴う病気です。様々な症状で消化器内科を受診される患者さんがいらっしゃいますが、実は結果的にはこの病気と診断される方がかなり多くなっています。大腸内視鏡検査で異常がないことを確認することが診断には必要となります。緊張、不安、興奮、睡眠不足、生活の不摂生などによるストレスが主な原因ではないかと指摘されています。また、感染性の胃腸炎になった後に罹患しやすいとも言われています。
ストレスの軽減・解消、生活習慣の改善を柱とした治療を行います。また、整腸剤、排便をコントロールする内服薬なども使用します。

クローン病

国の定める指定難病です。クローン病と診断されれば、治療費の補助が受けられます。
腹痛、下痢、発熱、血便、急な体重減少、貧血などの症状を伴います。
10~20代の若い方によく見られますが、はっきりとした原因はまだ分かっておりません。口から肛門までの消化管の、いずれの部位でも発症する可能性があります。炎症が強くなり胃腸が細くなると、腸閉塞を起こすこともあります。ときに命にかかわる疾患です。
薬物療法、栄養療法を主体として治療を進めます。腸閉塞を起こしたとき、大量に出血したときには、外科手術が必要になります。

大腸憩室炎(大腸憩室症)

大腸の壁がに外側へ飛び出した憩室の中に、便が入り込んで感染・炎症を起こす腸疾患です。
初期には便秘、下痢、腹痛などの症状を伴います。進行すると、その腹痛が持続的なものとなり、発熱を伴うのが特徴です。
原因としては、食物繊維の不足、動物性たんぱく質の摂取過多などが指摘されています。また、肥満、喫煙習慣は大腸経室での炎症を引き起こすリスク因子と言われています。
放置していると、腸閉塞、腹膜炎などを合併するリスクが高まります。治療では、絶食+点滴に取り組みます。
再発の可能性が高いため、治療後も注意が必要です。食生活の改善に取り組みながら、日ごろから便の状態をチェックするようにしましょう。

TEL.075-744-6784 ご予約はこちら 求人情報はこちら
一番上に戻る
一番上に戻る
075-744-6784