えぞえ消化器内視鏡クリニック 
〒604-8082 京都市中京区弁慶石町39三条TCビル3階 
075-744-6784

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

大腸内視鏡検査
(大腸カメラ)

大腸内視鏡(大腸カメラ)

「大腸カメラ」や「下部消化管内視鏡検査」と呼ばれることも多い大腸の内視鏡検査です。 肛門からスコープを挿入し、大腸を全て直接観察することで、ポリープや大腸がんなどの病気を診断することができます。また、内視鏡の先端からスネアという処置具を出して、ポリープや初期の大腸がんを切除する治療も可能です。

なぜ大腸内視鏡検査を受けた方がいいのか

大腸内視鏡検査を受けた方が良いのはなぜでしょうか。
それは大腸内視鏡を受けることによって、大腸がんを発見することができるだけでなく、前癌病変と言われる大腸ポリープ(腺腫)を摘除することで大腸がんを予防することもできるからです。
大腸がんの多くはほとんど症状がなく、大腸がん検診やご自身で内視鏡検査を希望することで発見されることが多いがんです。大腸がん検診で便潜血検査が陽性となった方はもちろんですが、便秘や下痢が続いている方、便が細いと感じている方、腹痛・お腹の張りが気になる方、ご家族に大腸がんに罹患された方がいらっしゃる方などは、是非とも大腸内視鏡検査を受けるようにしてください。
せっかく大腸内視鏡検査を受けるのであれば、ポリープが見つかった場合のポリープ摘除はセットと考えておかれた方がいいと思います。見つかった大腸ポリープ(腺腫)を全て摘除してポリープがない状態(クリーンコロン)にすることが大腸内視鏡検査を受ける最大の意義であり、大腸がん予防を目的とする場合の第1のゴールです。国立がん研究センターの統計によると、大腸がんは、すべてのがん患者のうち、2番目に死亡者数の多いがんです。男性では第3位ですが、女性では第1位と最も死亡者数の多いがんです。大腸がんの早期発見・予防の機会を逃さないように、何か気になる点があればお気軽にご相談ください。
大腸がんを見つける手段としては、大腸内視鏡検査の他にも、大腸CT、カプセル内視鏡、大腸X線検査などがありますが、どれも組織検査やポリープ治療は行うことができませんので、もしもポリープが見つかった場合は後日あらためて大腸内視鏡検査を追加して行うことになります。
大腸内視鏡検査は、組織検査とポリープ治療も同時に行うことが可能ですので、大腸がん検査の中で最も効率の良い検査と言えます。

こんな時は大腸カメラを
受けることをおすすめします
  • 便潜血検査で陽性となった
  • 便の形が細い
  • 粘液のような便が出る
  • 便秘や下痢を繰り返す
  • お腹の張りが気になる
  • 便に血液が混じっている
  • 赤黒い便が出る

当院の大腸内視鏡検査の強み

当院の大腸内視鏡検査の強みは以下の7点です

  1. 痛みや苦痛を徹底的に排除
  2. 最新の内視鏡システムの使用
  3. 経験豊富な医師による検査
  4. 院内で前処置薬(大腸洗浄剤)を服用
  5. 日帰り手術が可能
  6. 1日で胃・大腸内視鏡検査を提供
  7. 土曜日にも内視鏡検査を実施

1痛みや苦痛を徹底的に排除

熟練した高い挿入技術と優しい内視鏡操作

無痛大腸カメラ当院の大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)では、鎮静剤を使用する・しないに関わらず、患者様に痛みや苦痛を感じる事なく、検査を受けて頂けるように配慮しております。
他院で大腸内視鏡検査を過去に受けたことがあり、苦い経験をされた方でも、できる限り腸管を伸ばさないように丁寧に内視鏡を挿入することで、ほとんど苦痛を与えることなく挿入することが出来ますので、安心して検査を受けてください。大腸内視鏡検査で痛みや苦痛を最も感じやすいのは内視鏡を奥まで挿入する時です。当院では、体の向きを変えたり、お腹を外から軽く圧迫したりしながら、急ぐことなくゆっくりと内視鏡を挿入するようにしています。

鎮静剤で眠っている間に検査

鎮静剤を使用して内視鏡検査を受けていただくと、検査中はほとんど眠ったような状態になるため、初めての大腸内視鏡検査(大腸カメラ)が不安だという方には特におすすめしております。
お腹の手術後の癒着など、どうしても痛みが出てしまいそうな場合でも、鎮痛剤と鎮静剤を併用することで痛みや苦痛を出来るだけ感じなくて済むように配慮しています。
ただし、鎮静剤を使用した場合、検査終了後は終日車の運転ができなくなります。
公共交通機関を活用して通院をされるか、ご家族の方に送迎をしていただくかのどちらかになりますので、お気を付けください。検査後は当院の休憩室でボーッとした感じが完全になくなるまで休憩していただくことが可能です。

二酸化炭素送気システムの使用

検査後のお腹の張り感を軽減するために二酸化炭素送気システムを使用大腸内視鏡検査は検査中にお腹に入れた空気のよってお腹が張り、数十分から数時間の間空気が抜けきれず、お腹が苦しい、お腹が張っているといった不快感を伴う場合があります。
当院では、このお腹の不快感を軽減するために、病院の手術室で腹腔鏡手術に用いられるような二酸化炭素送気システムを導入しました。二酸化炭素は空気と比べると極めて吸収される時間が短いため、お腹の張りを感じることがほとんどないというメリットがあります。送気を中止すると速やかに腹部の張りも改善していきます。

2最新の内視鏡システムの使用

硬度調整機能を搭載したスコープ

大腸内視鏡検査では、スコープを挿入する際に、スコープによって腸壁が伸ばされたり捻れたりすることで痛みや苦痛を伴う場合があります。
当院では、この様な苦痛や痛みを軽減するために、高い弾発性を持つ素材で、医師の力が先端部に伝わりやすい「 高追従挿入部」 を実現し、曲がった後はまっすぐに戻りやすくする「カーブトラッキング技術」を搭載した最新の内視鏡を導入しております。

硬度調整機能を搭載したスコープ
硬度調整機能を搭載したスコープ02
最新内視鏡システム
(LASEREOレザリオ)を導入しております

当院では、光源にレーザーを採用した世界初の新世代内視鏡システム(LASEREOレザリオ7000)を導入しております。
光源が明るいので粘膜の状態がより詳細に観察できるほか、鮮明なHD画像が取得可能で、微小な病変も見落としがなく発見することが可能です。
また、「LASEREO」独自の機能である「BLI(Blue Laser Imaging)」「LCI(Linked Color Imaging)」と呼ばれる画像強調観察を活用することで、早期がんの特徴である微妙な粘膜表面構造や微細血管などの変化を早期発見することができるようになります。

最新内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」を導入しております

3経験豊富な医師による検査

日本消化器内視鏡学会の専門医・指導医
である院長が検査を実施します

日本消化器内視鏡学会の専門医・指導医である院長が検査を実施します。当院院長は、日本消化器内視鏡学会の専門医・指導医です。豊富な知識と高度な技術を身に着けており、他の医師に指導する立場にあります。
今まで3万件を超える大腸内視鏡検査を経験しているため、痛みが出ない挿入方法を熟知していることに加えて、鎮静剤・鎮痛剤・炭酸ガスシステムを使用することで、ほぼ痛みや苦痛を感じることなく検査を受けていただけます。また、十分時間をかけて丁寧に観察しますので、小さな病変でも発見し、適切に診断・治療を行います。ポリープは日帰りで切除可能です。ただし、ポリープを切除した場合、検査後1週間は生活制限(アルコールや運動など)を守っていただくことが前提となります。
大腸内視鏡検査が初めてという方も、安心して検査を受けていただけます。

4院内で前処置薬(大腸洗浄剤)を服用

リラックスができる快適なお部屋をご用意しています

院内前処置薬

大腸内視鏡検査を行うためには、大腸をきれいにするための下剤を飲まなければなりません。
下剤は、ご自宅で飲んで頂くことも可能ですが、自宅で下剤を飲むと来院するまでの移動中が不安という患者様につきましては、院内で下剤を飲んでいただくことが可能です。男女別でプライバシーを確保した前処置室を用意していますので、快適にお過ごしいただけます。院内Wi-Fiも完備していますので、スマートフォンやノートパソコンなど持ち込んでいただいて結構です。
下剤を院内で飲まれたい方は事前にお申し付けください。

5日帰り手術が可能

日帰りでのポリープ切除を実施しています

日帰りポリープ切除が可能当院では、大腸内視鏡検査で大腸ポリープを発見した場合、日帰りでのポリープ切除が可能です。
検査で発見した際にその場で切除、後日改めて来院して頂いての切除、他院で発見されたポリープを後日当院にて切除、など、様々な状況に対応可能ですので、遠慮なくお申しつけください。
発見されたポリープが大きい場合や抗血栓薬(血液をサラサラにするお薬)を服用中で休薬が出来ない場合など、日帰りでの治療はリスクが高いと判断される方につきましては、連携している専門医療機関をご紹介させて頂きますので、ご安心ください。

61日で胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を提供

胃内視鏡検査と同日で実施しています

胃・大腸内視鏡検査同日可能

当院では胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を同日に受けていただくことが可能です。最終的には医師が判断させて頂きますが、仕事が忙しくて検査を受ける日程の調整が難しい、辛い検査はできるだけ1日で終わらせたいといったようなご要望がありましたらご相談ください。
通常の大腸内視鏡検査を受けていただく流れで、検査前にまず腸管洗浄剤で腸の中を空っぽにしていただいた後に、胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を続けて行います。
検査時間は通常、準備時間なども含めると約30-40分程度になります。
もちろん、この場合も鎮静剤を使用した検査も可能ですので、お気軽にご相談ください。

7土曜日にも内視鏡検査を実施

「土曜日も検査を行っています」

一人でも多くの方に内視鏡検査を受けていただけるように、土曜日も検査を実施しております。 がんの好発年齢となる働き盛りの世代の方々、平日のお仕事が忙しく受診が難しい方々に大腸内視鏡検査を受けていただけるように、当院では土曜日も大腸内視鏡検査を行っています。(完全予約制)是非ご活用ください。

検査の流れ

1 検査前日

検査前日

  • 検査前日は厳重な食事制限が必要です。
    食物線維は避けて、消化の良い食事20時までに済ませていただきます。その後も水分はOK。
  • 検査食(朝・昼・夕)は色々と心配する必要がなく便も綺麗になりやすいためお勧めです。(当院で購入できます)
  • 就寝前に下剤を服用していただきます。
    (事前診察の際にお渡しします)

2検査当日の前処置(1)

検査当日

  • 検査前日に服用いただいた下剤の影響で朝から排便があります(個人差があります)。
  • 検査の4時間前から、腸管洗浄剤決められたスピードで服用していただきます。
    (ご自宅でもクリニックでも服用可能です)

3検査当日の前処置(2)

検査当日

  • 腸管洗浄剤を服用開始して30~60分(個人差があります)で排便が始まります。
    その後、5~8回の排便があります。

    固形便→泥状便→水様便と変化していきます。

  • 濁りのない透明~薄い黄色の液状便になったら前処置終了です。

4検査前の準備(1)

検査前準備

  • 便が綺麗になったら、いよいよ検査の準備に入ります。
  • 検査用の穴が開いているパンツに着替えます。
    (穴が開いている方が後ろです)

5検査前の準備(2)

検査前準備

  • 点滴のためのルートを確保します。
  • 検査中に「鎮静剤・鎮痛剤・腸の動きを抑制する薬」などを適宜追加して効果を維持する必要があるため、当院では全ての患者さんに点滴ルートを取らせていただいております。

6検査中

検査中

  • 検査室に入り、検査ベッドに横になります。
  • 鎮静剤を使用する場合、検査開始直前に点滴ルートから鎮静剤を投与します。
    お薬が入るとすぐに眠くなってきます。
  • 眠っている間に検査を受けていただけます。
    検査時間は15~20分程度です。
    ポリープが見つかった場合は可能な限りその場で切除します (日帰り手術)。

7検査終了後

  • 検査後は、ストレッチャーのまま専用のリカバリー室に移動して、鎮静剤の効果が覚めるまで(30~60分)安静にしていただきます。
  • 鎮静剤を使用していない方でも、ポリープ切除を行った場合は30~60分は安静にしていただきます。
  • 目がしっかり覚めたら着替えていただきます。

8検査結果説明

  • 検査後、内視鏡写真を見ていただきながら検査結果の説明を聞いていただきます。
  • ポリープを切除した場合の注意点など、スタッフから詳しく説明いたします。
  • 組織検査の結果については、約2週間後に改めて来院いただいた際に説明させいてただきます。

費用

3割負担
大腸内視鏡(観察のみ) 7,500円前後
大腸内視鏡+
病理組織検
9,000〜
15,000円前後
大腸ポリープ切除 21,000〜
30,000円前後

・使用する薬剤の種類や点滴の有無によってお値段が前後することがあります。
・内視鏡検査前の診察代は含まれておりません。
※病理組織検査は、組織を一部採取して炎症の程度やがん細胞が含まれていないかなどを調べます。
※大腸ポリープを切除した際は病理組織検査を行い、がん細胞が含まれていないかどうか、ポリープが完全に取りきれているかなどを調べます。

24時間WEB予約 来院前WEB問診 当院の新型コロナ感染対策
求人情報はこちら
一番上に戻る
一番上に戻る
完全予約制 24時間WEB予約 WEB問診はこちら