えぞえ消化器内視鏡クリニック 
〒604-8082 京都市中京区弁慶石町39三条TCビル3階 
075-744-6784

大腸ポリープ切除(日帰り手術)

大腸ポリープ切除
(日帰り治療)

当院では、大腸内視鏡検査でポリープが見つかった場合、その場で切除する「日帰り大腸ポリープ切除」を積極的に行っています。
ポリープを切除するために入院する必要も、後日改めて下剤を飲んでポリープ切除を行う必要もありません。

ただし、以下の場合は入院での治療が望ましいため、高次医療機関に紹介させていただいております。

  1. 切除すべきポリープが多数ある場合
  2.  1㎝以上のポリープが見つかった場合
  3.  抗血小板薬や抗凝固薬などを内服していて休薬ができない場合

大腸ポリープ切除の方法

基本的には下図のようなポリペクトミーという方法で治療を行っています。

大腸ポリープ切除の方法

ポリープ切除の実際
大腸ポリープ切除の流れ1
大腸ポリープ切除の流れ2
大腸ポリープ切除の流れ3
大腸ポリープ切除の流れ

大腸ポリープ切除の注意点

  • 1週間程度(特に切除後2~3日)は出血のリスクがあります。
  • 切除当日から7日間は、飲酒、心拍数が上がるような運動、腹圧が上がるような(腹筋を使うような)動作などは控えてください。
  • 当日~翌日まではシャワー程度、湯船に浸かるのは翌々日からにしてください。
  • 排便時にトイレットペーパーに血が付着した程度であれば問題ありませんが、便器が真っ赤になるような出血があった際には当院へご連絡下さい。

大腸ポリープ切除費用

3割負担
大腸ポリープ切除 21,000~30,000円前後

※大腸ポリープを切除した際は病理組織検査を行い、がん細胞が含まれていないかどうか、ポリープが完全に取りきれているかなどを調べます。

TEL.075-744-6784 ご予約はこちら 求人情報はこちら
一番上に戻る
一番上に戻る
075-744-6784