食道カンジダ症

食道カンジダ症とは

カンジダは真菌(カビ)の1種です。
カンジダは普段から皮膚や粘膜に存在しているのですが、常の生活を送っていて感染する(カンジダが原因となる病気を起こす)ことはほとんどありません。糖尿病の方、ステロイド治療を受けている方など、免疫力が低下している方が感染して様々な症状を引き起こすことがあります。
食道カンジダ症は、このカンジダが食道内に感染して増殖し、食道粘膜に炎症を起こす病気です。

食道カンジダ症の症状

無症状の場合が多いのですが、喉や食道が詰まったような感じ、食道の痛み(食物を飲み込む際にしみる感じ)を自覚する方もいらっしゃいます。

食道カンジダ症の検査

胃内視鏡検査で正確に発見・診断することができます。内視鏡で観察すると、食道に白っぽいカビが付着しているか、苔で覆われているような状態として観察されます。

食道カンジダ症の内視鏡像

食道カンジダ症の内視鏡像

当院では、痛みや苦痛を最小限に抑えた胃内視鏡検査を行っておりますので、安心して受診ください。

食道カンジダ症の治療

免疫力に問題がなければ自然に治癒することもあり、経過観察が基本的な対応となりますが、症状がある場合には抗真菌薬(飲み薬)で積極的に治療します。

24時間WEB予約 来院前WEB問診 当院の新型コロナ感染対策
採用情報はこちら
一番上に戻る
一番上に戻る
完全予約制 24時間WEB予約 WEB問診はこちら