Detailed examination using an endoscope (secondary examination)
内視鏡による精密検査(二次検査)

京都市中京区でレントゲン検査、エコー検査、血液検査を受けるなら

医療法人香誠会 えぞえ消化器内視鏡クリニック

精密検査について

一般的に内視鏡検査における精検査(次検査ともばれます)とは、健康診断ドックの際にけるウムの検査や便潜血検査などで異常が見つかった際に「治療とする病変がないかどうか」をカメラや大腸カメラで精に検査することを味します。

当院はがん検や大腸がん検次検査医療機関に指されていますので、カメラも大腸カメラも精検査というけの検査をけていただくことが可能です。

健診間ドックで異常を指されていない方でも、当院で検査をけていただくすべての方に精検査レベルの検査を提していますので安心して検査をけてください。

精密検査の必要性

ウムの検査や便潜血検査で「要精検査」と判定されたということは、治療を要する気がある可能がある、という事を味します。これを置してしまうことは段階見することができる可能がある気を見つける機会してしまうことになります。

経過観察」という判定であれば精検査をけていただく要はありませんが、「精査」という判定であれば必ず検査をけていただくことをお勧めいたします。

たまに、便潜血検査で陽性だった方で「検査で陰性だったから大腸検査は要らないとれた」とか「もともとがあるためそれが原因だろうと思っている」とか「検査の時に便がでたから肛門が切れただけだろうと思う」とされる方がいらっしゃいます。とてもない判断です。

 

便潜血検査で「陽性」と判定された方へ

便潜血検査とは「便に肉眼では確認できないレベルの血液が含まれていないかどうか」を判定する検査です。
便潜血検査は便をスティックで採取して提出するだけの簡易的な検査で、健康診断の際に、大腸がん検診として実施されています。広く普及している検査ですが、その検査の意義を理解されている方は決して多くなく、便潜血検査が陽性であったにも関わらず適切な精密検査を行わずにそのまま放置をしてしまう方が非常に多くいらっしゃることが課題となっています。
残念なことですが、日本は欧米諸国と比べると精密検査の受診率が最低水準と言われています。先進国においてがんの死亡率が年々増加しているのは日本だけなのです。日本の医療レベルは世界でも高い水準であるにも関わらず、がん死亡率が増加している要因の 1つが、この検診に対する意識の低さではないかと考えられます。
肛門から出血したり真っ赤な便が出たりすれば誰でも心配になると思いますが、便潜血検査で「陽性」と判定されてもあまり深く考えることなく大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受ける機会を逃してしまう方が非常に多く見られます。便潜血検査が陽性だった方は必ず大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けるようにしましょう。

 

便潜血検査の意義とは

便潜血検査は通常2回法(2日に分けて便を採取する方法)で行いますが、どちらか1回でも陽性の場合、「異常」と判定されます。
便潜血検査で「陽性」と判定された方の中には、「便潜血検査をもう一度行ったところ陰性だったから精密検査は受けなくていいと言われました」という方が残念ですが多くいらっしゃいます。
便潜血検査2回法を採用しているのは、大腸がんがあっても常に出血しているわけではないため、 “僅かな出血でも見逃さないように”という理由からです。
1回でも便潜血検査が陽性と判定されたら、必ず大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けるようにしてください。
折角の早期発見の機会をみすみす逃してしまうことになります。大事なことなので繰り返します。便潜血検査の再検査はダメです。

 
 

便潜血陽性となった方にはどんな病気がどのくらいの頻度で見つかる?

便潜血陽性と判定された方に大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を行うと、約 40%の方は異常が見つかりませんが、50%の方にポリープ6%の方に早期癌4%の方に進行癌が見つかったと報告されています。
まとめてざっくり計算すると、便潜血陽性と判定された方の約60%に治療すべき病気が見つかっていることになります。
多くの方が考えるように、検査に提出する便が出た際にたまたま便が硬くて肛門が切れてしまったことも少なくはないかもしれませんが、同時にもう少し奥の大腸にあるポリープやがんから出血している可能性も否定することはできないことを強調させていただきます。
便潜血陽性はチャンスと考えましょう。
便潜血陽性と判定された場合、自分に都合のいい方に考えてしまう方も多く、「もともと痔を持っているから」、「生理と重なっていたから」、などと理由をつけて精密検査を受けない方が少なくありません。
便潜血検査で陽性になった方は、がんを見つけるチャンスをもらったようなものです。考え方を変えて無症状であっても保険診療として大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受ける事ができるため、費用的負担が少なく内視鏡検査を受けられるとても良い機会だと考えていただくといいかもしれません。
大腸がんは、早期の段階で発見することができればかなりの確率で完治が望める病気です。
必ず大腸内視鏡検査を受けていただき、是非とも早期発見につなげてください。

健康診断でよく見つかる異常

健康診断けることが多い消化管の検査はウムの検査と便潜血検査です。
「要精検査」と判定される異常度が高いものは下のような見です。



<バウム検査
胃壁不整、慢性胃炎胃隆起性病変胃陥凹性病変、ニッシ粗造な粘膜など
これらはすべて慢性胃炎がん、粘膜下腫瘍など、治療を検するがある患をわれている見ですが、「要精検査」ではなく「経過観察」というであれば一般的にはすカメラをけていただく要はありません。



便潜血検査(2
2とも陽性、あるいは1だけ陽性
どちらであっても取扱じで、大腸カメラでの精検査が要です。

精密検査の流れ

必ず健康診断間ドックで「精検査」を指示されていることが分かる類を持参ださい。どの部われているのか分からない状態では精検査ができません。

結果報告紹介状など、られている類をすべてご持参ください。

要な精検査の内容が確認できれば当院でそれに合わせた精検査をけていただくことになります。内視鏡検査をけていただいた後、検査の結果画像をお見せしながら説明いたします。

異常を指されている部しては、詳細に観察した上で要にじて生検による検査やポリーなどを行います。組織結果については後日報告となります。

精密検査の費用

検査としてけていただくカメラ、大腸カメラはすべて保険適用となります。

要な用はカメラ・大腸カメラそれぞれの参照ください。