えぞえ消化器内視鏡クリニック 
〒604-8082 京都市中京区弁慶石町39三条TCビル3階 
075-744-6784

虚血性腸炎

虚血性腸炎とは

そもそも「虚血」とは、何らかの原因で血流が不足する状態のことをいいます。虚血性腸炎は、大腸に血液を送る動脈の血流が一時的に悪くなり、大腸の一部が「虚血」状態になることで、その部分に炎症や潰瘍などが起こってしまう病気です。比較的女性に多くみられる病気です。

原因

血流低下を起こす要因としては、大きく分けると、(1)血管側の問題、(2)腸管側の問題、の2つがあります。

(1) 血管側の要因・・・動脈硬化や血圧低下など

(2) 腸管側の要因・・・腸管内圧上昇や腸管蠕動亢進など

(1)の動脈硬化が原因として最も多いため60歳以上の方によく起こるとされますが、便秘・感染性腸炎・下剤服用による(2)の腸管内圧上昇や腸管蠕動亢進は比較的若い方にも起こりますので「若いから虚血性腸炎ではないだろう」とは言えません。

症状

虚血性腸炎に特徴的とされる症状は、腹痛・下痢・血便です。
典型的な発症パターンはこのような感じです。
「高血圧で内服治療中。もともと便秘で普段から下剤を服用している。ある日、急に左下腹部の腹痛と下痢が起こり、途中から血便もみられるようになった。」
場合によっては入院が必要になる場合もありますので、疑わしい症状があったら早めに受診するようにしてください。

検査と診断

腹痛・下痢・血便がみられる場合、感染性腸炎、大腸憩室炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸がんなどの可能性も考える必要があります。最初に詳細に問診させていただき、虚血性腸炎に特徴的な症状や経過かどうかを確認します。その後、必要に応じて血液検査腹部超音波(エコー)検査を行って診断します。自覚症状や炎症反応が強ければ入院治療を考える必要があるため、適切な医療機関を紹介することになります。
診断の確定(大腸がんや特殊な腸炎などの他の病気が隠れていないかどうか)が必要と考えられる場合は大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を実施することもあります。大腸内視鏡検査では虚血性腸炎に特徴的な所見を確認できます。

虚血性腸炎の内視鏡像

図:虚血性腸炎の内視鏡像
(縦に走るびらん・潰瘍が特徴的です)

当院では、痛みや苦痛を最小限に抑えた大腸内視鏡検査を行っておりますので、安心して受診ください。

治療

軽症の場合、安静にした上で刺激の少ない食事を摂って腸への負担を少なくして自宅療法します。
症状や炎症反応が強い場合、入院の上で絶食・点滴を行うことになります。
特効薬はないため、基本的には症状を緩和しつつ自然治癒を待つことになります。多くの場合、2~4日で症状は軽快します。

24時間WEB予約 来院前WEB問診 当院の新型コロナ感染対策
求人情報はこちら
一番上に戻る
一番上に戻る
完全予約制 24時間WEB予約 WEB問診はこちら