えぞえ消化器内視鏡クリニック 
〒604-8082 京都市中京区弁慶石町39三条TCビル3階 
075-744-6784

血便・便潜血陽性の精密検査

血便・便潜血陽性の精密検査

血便・便潜血陽性の精密検査便を観察したときにはっきりと血が見えるもの、トイレットペーパーに赤い血が付着しているものだけでなく、一見して問題なくとも、便潜血検査で“陽性”を指摘されれば、それも血便に分類されます。
胃腸、肛門で何らかのトラブルが起こっている可能性がありますので、甘く見ず、より精密な検査を受けることをおすすめします。

血便の原因

血便の原因どこから出血しているかによって、血便の現れ方も異なります。
ときどき、ご自身の便の様子を観察するようにしましょう。

疾患によって異なる血便の状態

疾患によって異なる血便の状態


  • 出血量は比較的少なく、鮮やかな赤い色をした便が見られます。

  • 直腸がん、直腸ポリープ
    出血量は少なく、鮮やかな赤い色をした便が見られます。

  • 大腸憩室出血
    出血量が多く、黒に近い赤い便が見られます。

  • 感染性大腸炎、虚血性大腸炎
    出血量を問わず、黒に近い赤い便が見られます。

  • メッケル憩室出血、小腸潰瘍
    出血量が多く、黒に近い赤い便が見られます。

  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍
    出血量が多く、黒っぽい便が見られます。

  • 小腸潰瘍、小腸腫瘍
    出血量を問わず、黒っぽい便が見られます。

  • 炎症性腸疾患、アメーバ腸炎
    出血量は比較的に少なく、粘り気のある血が混じっています。

  • 一見した異変はないけれど、便潜血検査で陽性反応を示した場合
    大腸がん、大腸ポリープ、大腸炎、痔、直腸がん、直腸ポリープなどを疑う必要があります。

便潜血陽性の精密検査

便潜血検査は通常2回法(2日に分けて便を採取する方法)で行います。どちらか1回でも陽性の場合、異常と診断します。
便潜血が陽性となった方の中には、「便潜血検査をもう一度行ったところ陰性だったから精密検査は受けなくていいと言われました」という方が残念ですが少なからずいらっしゃいます。2回法は、大腸がんがあっても常に出血しているわけではないため、僅かな出血でも見逃さないようにと考えられた方法です。1回でも便潜血検査が陽性と判定されたら、必ず大腸内視鏡検査を受けるようにしてください。折角の早期発見の機会をみすみす逃してしまうことになります。
便潜血検査が陽性となった方の約5%の方に大腸がんが見つかるとされています。また、80%ぐらいの方に痔が見つかります。その他、大腸の疾患では大腸ポリープ、大腸憩室症、大腸炎などでも陽性となります。便潜血で陽性反応が出たからといって、過度に心配する必要はありませんが、決して放置するのではなく、きちんと検査を受けて、何が原因であるかを確認しておきましょう。
当院では、問診によって便の状態や排便習慣をお伺いした上で、適切な検査をご案内するようにしております。

血液検査

血液検査血便によって貧血を起こしていないかどうか、炎症の程度について調べることができます。

 

 

胃内視鏡検査(胃カメラ)

胃内視鏡検査(胃カメラ検査)特に黒っぽい便が見られる場合には、胃内視鏡検査を行います。胃・十二指腸での出血、炎症、潰瘍、腫瘍の有無を正確に調べることができます。

 

 

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)直腸から大腸での異常が疑われる場合には、大腸内視鏡検査を行います。大腸での出血、炎症、腫瘍の有無を正確に調べることができます。
ポリープが見つかった場合には、その場で切除することも可能です。

 

 

直腸診

痔が疑われる場合には、肛門・直腸の状態を確認する直腸診を行います。医師が手袋をし、麻酔ゼリーを使用して触診します。

腹部超音波検査

腹部超音波検査直腸から大腸での腸内での炎症、虚血(局所的な貧血)が疑われる場合には、腹部超音波検査を行い、診断に役立てます。

 

TEL.075-744-6784 ご予約はこちら 求人情報はこちら
一番上に戻る
一番上に戻る
075-744-6784